2017年度例会予定

日本フランス語学会では、毎年4月から12月まで (7月と8月を除く) 月一回、原則として土曜日15:00-18:00に例会を開いています。一回の例会では通常二人の方が研究発表を行います。
例会案内はこのホームページによる他、メーリングリスト frenchling でも配信しています。

例会はフランス語学会の会員以外の方でも、自由に来聴することができます。入場も無料です。みなさまのご参加をお待ちしております。

会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス)
アクセス:
地下鉄東京メトロ 東西線 早稲田駅 徒歩3分
副都心線 西早稲田駅 徒歩12分
JR山手線/西武新宿線 高田馬場駅 徒歩20分

発表のご希望やその他例会に関するお問い合わせ:
酒井 智宏 (例会運営担当 / 早稲田大学文学学術院)
t-sakai(a)waseda.jp
※ (a)を@に置き換えてください。

 

第312回例会 2017年4月22日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者27名)

(1) 井上 大輔 (上智大学大学院)

「疑問詞+crois-tu que P?の叙法選択について」発表要旨

(2) 木島 愛 (千葉工業大学)

「動詞regarderと共起する副詞表現について」発表要旨

司会: 守田 貴弘 (京都大学)

 

第313回例会 2017年5月13日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者29名)

(1) 新田 直穂彦 (東北大学大学院修了)

「副詞inversementの機能について」発表要旨

(2) 曽我 祐典 (元関西学院大学)

「間一髪の事態を表す <副詞句+主節>」発表要旨

司会: 酒井 智宏 (早稲田大学)

 

第314回例会 2017年6月17日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス)33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者20名)

(1) 西脇 沙織 (フランス国立パリ社会科学高等研究院博士課程修了)

「命題的現象と発話事象的現象:アイロニーを例として」発表要旨

司会: 酒井 智宏 (早稲田大学)

 

第315回例会 2017年9月30日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者25名)

(1) 小川 彩子 (関西学院大学大学院研究員)

「擬似関係節と「言いさし文」ー「ノニ節」型を中心にー」発表要旨

(2) 佐々木 幸太 (関西学院大学非常勤)

「X mettre Y Z 再考: Y または Z が人の場合」発表要旨

司会: 守田 貴弘 (京都大学)

 

第316回例会 2017年10月21日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者13名)

(1) 楊 鶴 (筑波大学大学院)

「暴力表現 « putain » の用法について」発表要旨

司会: 酒井 智宏 (早稲田大学)

 

第317回例会 2017年11月11日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者18名)

(1) 田代 雅幸 (筑波大学大学院)

「連辞par contreとen revancheについて」発表要旨

(2) 川上 夏林 (京都大学大学院)

「心理事象を表す部分の与格構文についての考察」発表要旨

司会: 守田 貴弘 (京都大学)

 

第318回例会 2017年12月9日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス)36号館682教室
[※会場がいつもの会議室と異なります。ご注意ください。]

(1) 谷口 永里子 (京都大学大学院)

「従属節中の文体的倒置について」

(2) 井口 容子 (広島大学)

「再帰構文の諸相-受動と自発を中心に-」

司会: 酒井 智宏 (早稲田大学)

Comments are closed.