Archive for the ‘談話会’ Category

2010年7月期談話会

木曜日, 6月 17th, 2010

以下の要領で、2010年度7月の談話会を開催いたします。

「幕末の日本開国前後における西洋語・文化の受容とその影響」
パネリスト:
市川慎一(早稲田大学名誉教授)「日本人のフランス語との最初の出会い-長崎通詞本木正栄らの忘れられた偉業-」発表要旨
大橋敦夫(上田女子短期大学)「洋学資料が語る日本語の歴史」(急な御事情で、今回はおいでになれなくなりました。またの機会を楽しみにしたいと思います)
岡田和子(筑波大学講師)「江戸時代の日本人はどのような和蘭語を学んだか」発表要旨

司会:塩田明子(慶應義塾大学非常勤)

日時:7月17日(土)15:00-18:00
慶應義塾大学三田キャンパス大学院校舎(マップ【8】)4階 342教室

横浜開港150周年の「お祭り」はひと段落したようですが、西洋語・文化・文物の流入は、何もその年に限ったことでは勿論なく、意外に早い時期から始まっていてその後も続いていきます。普段は、主にフランス語の様々な現象の分析に身をやつしている我々ですが、昨年の「お祭り」が少し落ち着いたところで、フランス(語)をはじめ、諸外国(語)と本格的に接触を始めることとなったこの時期にじっくりと思いをはせたいと考え、二人の先生をお招きしお話を伺うことにしました。

当学会員でない方の参加も自由です。
皆さま、是非お誘い合わせのうえ、お越しください。

世話人:塩田明子・須藤佳子

フランス語談話会

日曜日, 11月 1st, 2009

日時:11月14日(土) 14時〜17時
会場:京大会館 102室
    京都市左京区吉田河原町15−9  TEL(075)751-8311
 アクセスはホームページ http://www.kyodaikaikan.jp/をご覧ください。
テーマ:「前置詞と空間表現」
パネリスト:
青木三郎(筑波大学)[司会、総括]
 「フランス語の前置詞dans(中)の分析」
小熊和郎(西南学院大学)
 「フランス語の前置詞enをめぐって」
森芳樹(東京大学)
 「ドイツ語の空間前置詞の意味論」
北原博雄(聖徳大学)
 「日本語の空間表現の意味論・統語論」
各発表要旨(pdfファイル)

フランス語談話会

土曜日, 7月 18th, 2009

7月18日(土)15時 – 18時
 慶應義塾大学(三田キャンパス) 西校舎 523 B (翌19日の例会と同じ場所です)
 
 テーマ「多義性・多義語をめぐって」
 
 発表者
 小倉博行(早稲田大学講師)「ラテン語の動詞obsecroについて — プラウトゥス,テレンテ
  ィウスの用例から — 」
 渡邊淳也(筑波大学)「拘束的モダリティの否定の多義性について」
 
 司会 前島和也(慶応大学)

(さらに…)