Author Archive

2022年度例会発表者募集

土曜日, 12月 4th, 2021

2022年度例会の発表者を募集します。例会日時・会場等につきましては「2022年度例会予定」をご覧ください。
「発表者未定」となっているところが募集の対象です。

発表時点で日本フランス語学会の会員であれば、どなたでも発表することができます。審査はありません。先着順の受付となります。

共同発表の場合は、筆頭発表者 (ファーストオーサー) が日本フランス語学会会員であれば発表することができます。

発表をご希望の方は、

・発表を希望する月
・発表題目

を下記アドレスまでお知らせください。

その他、「こんなテーマでもよいのだろうか?」など、ご不明な点がありましたら、どんなことでもご遠慮なく下記アドレスにお尋ねください。

多くの方のご応募をお待ちしております。

日本フランス語学会例会運営担当
reikai(a)list.waseda.jp
※ (a)を@に置き換えてください。

2022年度例会予定

土曜日, 12月 4th, 2021

2022年度例会は4月、6月、9月、12月の4回開催されます。

例会案内はこのホームページによる他、メーリングリスト frenchling でも配信しています。

例会はフランス語学会の会員以外の方でも、自由に来聴することができます。入場も無料です。みなさまのご参加をお待ちしております。

発表のご希望やその他例会に関するお問い合わせ:
日本フランス語学会例会運営担当
reikai(a)list.waseda.jp
※ (a)を@に置き換えてください。

第338回例会 2022年4月16日(土) 15:00-18:00
会場: Zoomまたは青山学院大学(青山キャンパス)17号館17403

https://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html

(1) 國末薫(東京外国語大学大学院)

「y compris の構文化―1500年代から2000年代までの通時的分析を中心にー」

司会: フランス・ドルヌ(青山学院大学)

第339回例会 2022年6月18日(土) 15:00-18:00
会場: Zoomまたは名古屋外国語大学

諸事情にかんがみ、開催を中止することといたしました。

司会: 伊藤 達也 (名古屋外国語大学)

第340回例会 2022年9月24日(土) 15:00-18:00
会場: Zoomまたは京都大学

(1) 宮腰駿 (筑波大学大学院)

「副詞personnellementと前置詞句en personneの意味構造と機能」

(2) 発表者未定

司会: 守田 貴弘(京都大学)

第341回例会 2022年12月3日(土) 15:00-18:00
会場: Zoomまたは慶應義塾大学

(1) 発表者未定

(2) 発表者未定

司会: 芦野 文武(慶應義塾大学)

2021年度例会発表者募集

土曜日, 12月 12th, 2020

2021年度例会の発表者を募集します。例会日時・会場等につきましては「2021年度例会予定」をご覧ください。
「発表者未定」となっているところが募集の対象です。

発表時点で日本フランス語学会の会員であれば、どなたでも発表することができます。審査はありません。先着順の受付となります。

共同発表の場合は、筆頭発表者 (ファーストオーサー) が日本フランス語学会会員であれば発表することができます。

発表をご希望の方は、

・発表を希望する月
・発表題目

を下記アドレスまでお知らせください。

その他、「こんなテーマでもよいのだろうか?」など、ご不明な点がありましたら、どんなことでもご遠慮なく下記アドレスにお尋ねください。

多くの方のご応募をお待ちしております。

日本フランス語学会例会運営担当
reikai(a)list.waseda.jp
※ (a)を@に置き換えてください。

2021年度例会予定

土曜日, 12月 12th, 2020

2021年度例会は4月、6月、9月、12月の4回開催されます。

例会案内はこのホームページによる他、メーリングリスト frenchling でも配信しています。

例会はフランス語学会の会員以外の方でも、自由に来聴することができます。入場も無料です。みなさまのご参加をお待ちしております。

発表のご希望やその他例会に関するお問い合わせ:
日本フランス語学会例会運営担当
reikai(a)list.waseda.jp
※ (a)を@に置き換えてください。

第334回例会 2021年4月17日(土) 15:00-18:00
新型コロナウイルス感染状況を鑑み、オンライン開催へ変更しました。

(終了しました。参加者:48名)

発表者:渡邊 淳也 (東京大学)・佐多 明理 (東京大学大学院)

発表題目:「フランス語の接続法とポリフォニー」

発表要旨:渡邊・佐多発表要旨

発表資料:渡邊・佐多発表資料

司会: 秋廣 尚恵(東京外国語大学)

第335回例会 2021年6月19日(土) 15:00-18:00
会場: Zoom開催

(終了しました。参加者:41名)

(1) 古賀 健太郎 (福岡大学)

「フランス語の関係的な複合名詞:構文文法的アプローチに基づく分類の試み」

発表要旨:古賀発表要旨

発表資料:古賀発表資料

(2) 奥田 智樹 (名古屋大学)

「「名詞 à 不定詞」型名詞句の意味論」

発表要旨:奥田発表要旨

発表資料:奥田発表資料

司会: 伊藤 達也 (名古屋外国語大学)

第336回例会 2021年9月25日(土) 15:00-18:00
会場: Zoom開催

(終了しました。参加者:51名)

(1)  杉浦 黎(東京大学大学院)

「フランス・アルザスにおけるアルザス語の位置付け

– ストラスブールの言語景観と聞き取り調査からの考察 -」

発表要旨:杉浦発表要旨

発表資料:杉浦発表資料

(2)  小澤 南海(西南学院大学大学院)

「教科書のフランス語時制とアスペクトの関係性」

発表要旨:小澤発表要旨

発表資料:小澤発表資料

司会: 高橋 克欣(大阪大学)

第337回例会 2021年12月4日(土) 15:00-18:00
会場: Zoom開催

(終了しました。参加者:30名)

梶原 久梨子 (大阪大学大学院)

「CONTINUER A P/CONTINUER DE P -TOPEの枠組みから考察する両者の違い」

発表要旨:梶原発表要旨

発表資料:梶原発表資料

司会: 芦野 文武 (慶應義塾大学)

2020年度例会発表者募集

土曜日, 12月 7th, 2019

2020年度例会の発表者を募集します。例会日時・会場等につきましては「2020年度例会予定」をご覧ください。
**例年と異なり、4月と12月は東京、6月は名古屋、9月は京都での開催となりますのでご注意ください。**

発表時点で日本フランス語学会の会員であれば、どなたでも発表することができます。審査はありません。先着順の受付となります。

共同発表の場合は、筆頭発表者 (ファーストオーサー) が日本フランス語学会会員であれば発表することができます。

発表をご希望の方は、

・発表を希望する月
・発表題目

を下記アドレスまでお知らせください。

その他、「こんなテーマでもよいのだろうか?」など、ご不明な点がありましたら、どんなことでもご遠慮なく下記アドレスにお尋ねください。

多くの方のご応募をお待ちしております。

日本フランス語学会例会運営担当
reikai(a)list.waseda.jp
※ (a)を@に置き換えてください。

2020年度例会予定

土曜日, 12月 7th, 2019

2020年度例会は4月、6月、9月、12月の4回開催されます。
例年と異なり、4月と12月は東京、6月は名古屋、9月は京都での開催となります。

例会案内はこのホームページによる他、メーリングリスト frenchling でも配信しています。

例会はフランス語学会の会員以外の方でも、自由に来聴することができます。入場も無料です。みなさまのご参加をお待ちしております。

4月と12月の例会会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス)
アクセス: 地下鉄東京メトロ 東西線 早稲田駅 徒歩3分
副都心線 西早稲田駅 徒歩12分
JR山手線/西武新宿線 高田馬場駅 徒歩20分

発表のご希望やその他例会に関するお問い合わせ:
日本フランス語学会例会運営担当
reikai(a)list.waseda.jp
※ (a)を@に置き換えてください。

 

第330回例会 2020年4月18日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 33号館16階第10会議室

***中止***

 

第331回例会 2020年6月27日(土) 14:30-18:00
Zoomによる開催
(※終了しました。参加者41名)

(1) 近藤野里 (名古屋外国語大学)

「フランス語発音教本にみられる発音の説明と規範について」

(2) 岸本聖子 (愛知県立大学)・谷 智子 (東洋大学)

「行為促進型表現におけるポライトネス・ストラテジーの日仏語対照」

司会:奥田智樹 (名古屋大学)

 

第332回例会 2020年9月26日(土) 15:00-18:00

Zoomによる開催

(※終了しました。参加者56名)

会場: 京都大学

(1) 小川 彩子 (関西学院大学非常勤)

「<(Et) moi / 名詞句+擬似関係節>構文における接続詞etの役割についてー Etは省略できるか」

(2) 東郷 雄二 (京都大学名誉教授)

「談話構築から見た大過去形について」

司会:  守田貴弘 (京都大学)

 

第333回例会 2020年12月12日(土) 15:00-18:00
Zoomによる開催
(※終了しました。参加者48名)

(1)  栗原 唯 (青山学院大学非常勤)

「認知モードにみる日仏フランス語名詞発話文」
第333回例会資料_栗原

(2)  秋廣 尚恵 (東京外国語大学)

「Du coupの用法について―論理的意味の非特定化と談話機能的意味の広がり―」
第333回例会資料_秋廣

司会: 大久保 朝憲 (関西大学)

2019年度例会予定

金曜日, 8月 9th, 2019

2019年度例会は4月、6月、9月、12月の4回開催されます。

例会案内はこのホームページによる他、メーリングリスト frenchling でも配信しています。

例会はフランス語学会の会員以外の方でも、自由に来聴することができます。入場も無料です。みなさまのご参加をお待ちしております。

会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス)
アクセス:
地下鉄東京メトロ 東西線 早稲田駅 徒歩3分
副都心線 西早稲田駅 徒歩12分
JR山手線/西武新宿線 高田馬場駅 徒歩20分

発表のご希望やその他例会に関するお問い合わせ:
日本フランス語学会例会運営担当
reikai(a)list.waseda.jp
※ (a)を@に置き換えてください。

 

第326回例会 2019年4月20日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者28名)

(1) 渡邊 淳也 (東京大学)

「フランス語大過去形の特徴的用法について」発表要旨

司会: 小田 涼  (関西学院大学)

 

第327回例会 2019年6月15日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス)33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者23名)

(1) 宮脇 玲奈 (関西学院大学研究生)

「テクスト構造の観点からみる大過去形についての一考察」発表要旨

(2) 小川 彩子 (関西学院大学研究生)

「<Moi+擬似関係節>型構文と脱従属化」発表要旨

司会: フランス・ドルヌ (青山学院大学)

 

第328回例会 2019年9月28日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者24名)

(1) 田代 雅幸 (アテネ・フランセ講師)

「対立の連結辞の共起関係について— bien au contraire の場合 —」発表要旨

(2) プヨ・バティスト (東京外国語大学) [発表はフランス語の予定です]

« La coordination nue en français : construction de la référence et nombre grammatical » 発表要旨

司会:  須藤 佳子 (日本大学)

 

第329回例会 2019年12月7日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 33号館低層棟6階第11会議室
(※終了しました。参加者25名)

(1) Loïc Renoud (Université d’Okayama) [発表はフランス語の予定です]

«La dimension actionnelle de l’accompli » (完了形をめぐる認知的および対話的作用 ) 発表要旨

(2) 栗原 唯 (青山学院大学・パリ第3大学大学院博士課程修了) [発表はフランス語の予定です]

« L’immédiateté des énoncés nominaux en français et en japonais » 発表要旨

司会: 金子 真 (青山学院大学)

2019年度例会発表者募集

金曜日, 12月 7th, 2018

2019年度例会の発表者を募集します。例会日時・会場等につきましては「2019年度例会予定」をご覧ください。

発表時点で日本フランス語学会の会員であれば、どなたでも発表することができます。審査はありません。先着順の受付となります。

共同発表の場合は、筆頭発表者 (ファーストオーサー) が日本フランス語学会会員であれば発表することができます。

発表をご希望の方は、

・発表を希望する月
・発表題目

を下記アドレスまでお知らせください。

その他、「こんなテーマでもよいのだろうか?」など、ご不明な点がありましたら、どんなことでもご遠慮なく下記アドレスにお尋ねください。

多くの方のご応募をお待ちしております。

日本フランス語学会例会運営担当
reikai(a)list.waseda.jp
※ (a)を@に置き換えてください。

2018年度例会発表者募集

日曜日, 12月 10th, 2017

2018年度例会の発表者を募集します。例会日時・会場等につきましては「2018年度例会予定」をご覧ください。

発表時点で日本フランス語学会の会員であれば、どなたでも発表することができます。審査はありません。先着順の受付となります。

共同発表の場合は、筆頭発表者 (ファーストオーサー) が日本フランス語学会会員であれば発表することができます。

発表をご希望の方は、

・発表を希望する月
・発表題目

を下記アドレスまでお知らせください。

その他、「こんなテーマでもよいのだろうか?」など、ご不明な点がありましたら、どんなことでもご遠慮なく下記アドレスにお尋ねください。

多くの方のご応募をお待ちしております。

日本フランス語学会例会運営担当
reikai(a)list.waseda.jp
※ (a)を@に置き換えてください。

2018年度例会予定

日曜日, 12月 10th, 2017

日本フランス語学会では、毎年4月から12月まで (7月と8月を除く) 月一回、原則として土曜日15:00-18:00に例会を開いています。一回の例会では通常二人の方が研究発表を行います。
例会案内はこのホームページによる他、メーリングリスト frenchling でも配信しています。

例会はフランス語学会の会員以外の方でも、自由に来聴することができます。入場も無料です。みなさまのご参加をお待ちしております。

会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス)
アクセス:
地下鉄東京メトロ 東西線 早稲田駅 徒歩3分
副都心線 西早稲田駅 徒歩12分
JR山手線/西武新宿線 高田馬場駅 徒歩20分

発表のご希望やその他例会に関するお問い合わせ:
酒井 智宏 (例会運営担当 / 早稲田大学文学学術院)
t-sakai(a)waseda.jp
※ (a)を@に置き換えてください。

 

第319回例会 2018年4月21日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者27名)

(1) 梶原 久梨子 (関西学院大学大学院)

「continuer à Inf.とcontinuer de Inf.の競合」発表要旨

司会: 酒井 智宏 (早稲田大学)

 

第320回例会 2018年5月19日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 39号館5階第5会議室
[※いつもの会議室と異なります。ご注意ください。]
(※終了しました。参加者17名)

(1) 井上 大輔 (上智大学大学院)

「Crois-tu que P ?とPenses-tu que P ?における叙法選択とその要因」発表要旨

司会: 守田 貴弘 (京都大学)

 

第321回例会 2018年6月16日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス)33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者24名)

(1) 牧 彩花 (東北大学大学院)

「フランス語の人称転換 ー 二・三人称詞から«je»・«on» へー」発表要旨

(2) 阿部 宏 (東北大学)

「直示表現と擬似発話行為」発表要旨

司会: 酒井 智宏 (早稲田大学)

 

第322回例会 2018年9月29日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス)33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者20名)

(1) 佐々木 香理 (関西学院大学非常勤)

「接頭辞 RE の本質的機能-RE と à nouveau の比較対照-」発表要旨

司会: 守田 貴弘 (京都大学)

 

第323回例会 2018年10月20日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 39号館6階第7会議室
[※いつもの会議室と異なります。ご注意ください。]
(※終了しました。参加者22名)

(1)  森田 美里 (大阪府立大学大学院)

「ESLOコーパスを用いたフランス語話し言葉における舌打ち音の機能的分析」発表要旨

司会: 酒井 智宏 (早稲田大学)

 

第324回例会 2018年11月10日(土) 15:00-18:00
会場: 早稲田大学文学学術院 (戸山キャンパス) 33号館16階第10会議室
(※終了しました。参加者14名)

(1) 本間 幸代 (慶應義塾大学非常勤)

「Enに対するdansの勢力拡大はなぜ18世紀に終息したのか発表要旨

司会: 酒井 智宏 (早稲田大学)

 

第325回例会 ***開催いたしません。***